「走るピアノ」応援よろしくお願いします・オリジナル楽曲制作依頼もお待ちしています

音楽とクラウンを愛する皆さんのためのブログ

June's blog

アレンジってなぁに?

OverTone 潤
WRITER
 
オーバートーン
この記事を書いている人 - WRITER -
OverTone 潤
☆様々な音楽制作をしながらクラウン(道化師)としても活動しています。 ☆作詞・作曲・編曲など、音楽制作に関わるありとあらゆるお仕事をお待ちしています。是非一度ご相談ください。 ☆また、クラウンパフォーマーとしての出演依頼もお待ちしています。イベント・学校・幼稚園・保育園・結婚式・ショッピングセンター等、様々なシーンに対応可能ですので是非一度ご相談ください。 ☆ OverTone というコンビを組み、演奏しながらパレードできる、新しい楽器「走るピアノ」を使った世界初のパフォーマンスに挑戦しています。 ☆科学実験とクラウンパフォーマンスを融合させた「サイエンスパフォーマンスショー」も全国各地で行っています。 ☆お問い合わせお待ちしています!!!
詳しいプロフィールはこちら

アレンジ ってなぁに?

カノンと潤が ❝アレンジ❞ について話しています

OverTone 潤 は、オリジナル曲の制作依頼はもちろん、アレンジ(編曲)の依頼も絶賛受付中なんです!!

June

ねぇねぇ、アレンジってなぁに?

Canon

へっ?!

June

ん?・・・あっいやいや私はもちろん知ってるんだけどぉ読者のみなさんがわからないかもしれないから説明した方がいいんじゃないかなぁって思ってえぇ!!

Canon

・・・

June

・・・

Canon

・・・なるほど、そういうスタンスか・・・

June

😠何か言った?

Canon

いいえ何も😢

June

アレンジとは

例外もありますが、一般的にはメロディ(主旋律)のみ、歌モノならそれにプラス歌詞、以上!というのがいわゆる作詞・作曲と呼ばれる仕事になりますので、そこから先は全てアレンジ(編曲)の仕事という事になります。

June

アレンジャーのお仕事

①前奏(イントロ)・間奏・後奏(アウトロ)を作る
②テンポ・リズム・コードを決めたり、副旋律やハーモニーを作る
③楽器編成を決め、各パートに音を割り振る

イントロとかもアレンジャーが作るの!?

Canon

人によっては自分で作る作曲家さんもいますが、一般的にはアレンジャーの仕事です。

June

へぇーアレンジって結構大変なんだね。

Canon

うん。でもこれは見方を変えると、誰でも簡単に作曲家さんになれちゃうよーって事なんですよ。

June

えっ?!

Canon

つまり、極端な話、スマホで鼻歌を録音しただけの音源でも、お任せ頂ければ立派な曲にまで仕上げますよ!って事です。スマホで鼻歌を録音する、それだけであなたも今日から作曲家さんになれちゃいます!そのお手伝いができますよ!って事なんです。

June

たっ、頼もしぃー!

Canon

是非お任せください!ご依頼、お待ちしておりまーす。

June

実際のアレンジを見てみよう

ここからは、いつもボク、OverTone 潤 にアレンジを依頼してくれる クラウントミー さん の楽曲を例に、アレンジでどのように楽曲が変わって行くのかを見てみましょう。

June

わぁ、おもしろそう!

Canon

36色のえんぴつ

楽譜

これはクラウントミーからアレンジを依頼された「36色のえんぴつ」の楽譜の一部です。トミーさんの場合は依頼の際に、このような楽譜を頂ける事が多いです。

June

歌のメロディとピアノ伴奏の楽譜だね。ピアノ伴奏はもうできあがってたんだ?

Canon

うん。でも、ストリングス(バイオリン・チェロなどの弦楽器)を入れたアレンジにして欲しいという要望をあらかじめ伺っていたので、元々あったピアノ伴奏は敢えてあまり見ないようにしました。

June

へぇーそうなんだ。

Canon

コード進行も全てゼロから決め直しました。例えば楽譜の2段目、 3133 小節の3小節の間、楽譜によるとコード進行は

G7sus4 ⇨ G ⇨ C→Cadd9

とシンプルに変化していますが、僕のアレンジでは

G7sus4→G7 ⇨ E7sus4→E7→D7sus4→G7 ⇨ Cmaj9→Cadd9

と、かなり細かく変化させて、ラストの「夢や 愛や 君が望んだ 世界を」をより強く印象づけようと工夫しました。

June

ん~コード進行の事はちょっとよくわからないんだけど、とにかくゼロから作り直したって事ね。全ては楽曲をより良くするためなんだね。

Canon

うん。また、聴く人を一気にこの曲の世界観へ引き込むために、イントロのピアノはかなり吟味して作りました。

June

と言いますと?

Canon

実は ❝カノン進行のベース下降パターン❞ と呼ばれる、まぁかなり定番なコード進行ではあるんだけどね、それを使っています。

June

カ、カ、カノン進行(私!?)

Canon

あと、右手のメロディのリフレインが、名曲『赤いスイートピー』のイントロっぽくて我ながら気に入ってます。

June

ふ~ん(スルーされた😠)

Canon

僕が好きなテレビ番組『関ジャム完全燃SHOWの中で、ゆず の 北川悠仁 さんが 松任谷由実 さんから聞いた話として語っていた言葉に「イントロはアレンジャーからの最高のプレゼント」というのがあって、それを聞いてから、アレンジの依頼があった時はそれまで以上に魂を込めてイントロを作るようになりました。

June

それでは、実際にどんな風に楽曲が完成したのか聴いてみましょう。

Canon

歌も入ってるんだね。

Canon

うん。実際に歌が入るとどんな感じになるのかがわかるように、仮歌入れを頼まれる事もあります。トミーさんからの依頼はたいてい仮歌入れまでがセットかな。

June

そうなんだ。

Canon

女声用の曲なのでキーが合わなくてなかなか歌うのが大変なんだけどね・・・あっいや、ジュン=レノンが大変だって言ってた!

June

・・・ふ~んジュン=レノンがね・・・

Canon

そうそうジュン=レノン・・・

June

仮歌入れも確かに大変そうだね!でも依頼者に喜んでもらいたくて頑張るんでしょ?

Canon

うん!😊

June

ありがとう

そういえばさっきイントロの話をしたけど、この曲のイントロもかなり力を入れて作ったよ。

June

へぇ~。本物のオーケストラみたいだね。

Canon

うん。コンピューターを使って、かなりリアルな音色が出せます。本物のオーケストラに演奏を頼んだら莫大な予算が必要になるけど、その心配もありません。

June

そりゃお得だね!

Canon

こんな依頼も・・・

冒頭で、鼻歌でも作曲家になれるよーっていう話をしたけど、トミーさんからの依頼の中にもそれに近いものがありましたので、紹介したいと思います。

June

へぇ~どんな依頼?

Canon

はるかな空から

これは『はるかな空から』という曲のアレンジ資料としてトミーさんから頂いたものです。トミーさんからは、「この曲は楽譜が無くて申し訳ないです・・・」と謝られたのですが、全然問題ありません。この音源からテンポを検出し、メロディの音を拾い、ところどころに入る変拍子まで正確に再現する事ができました。トミーさんはかなり歌がお上手ですが、本当に鼻歌レベルの音源でも大丈夫ですので、安心してご依頼頂ければ・・・と思います。

June

ふぅ~ん、こんな風にメロディの音源のみからでも曲を完成させる事ができるんだねぇ、これが一体どんな楽曲に仕上がるんだろう?

Canon

では、完成した『はるかな空から』を聴いてみましょう。

June

スゴい!ちゃんと曲になってる!

Canon

でしょ?これが ❝アレンジ❞ です!!

June

なるほど!楽譜とかがない時ほど、より一層アレンジャーの腕の見せ所なのかもしれないね。

Canon

確かにそうかも。

June

千年珊瑚の歌

他にもこんな事もありました。これは依頼が特殊だったと言うよりは、僕自身の強いこだわりのせいでレアなケースになったんだけど・・・

June

これは『千年珊瑚の歌』という曲のアレンジをお願いされた時に、楽譜と一緒に預かった音源で、トミーさんがハープで歌のメロディと簡単な伴奏を弾いているものなんだけど、生のハープの音がとても良いなぁと思って、是非この音源をそのまま使いたい!!と。

June

そんな事もできちゃうの?

Canon

うん。けれど実際やってみたら結構大変だった😊と言うのも、トミーさんが1人で自由に弾いているので、テンポが微妙に一定ではなくて💦でも、他の音をトミーさんのテンポに合わせる形で、徹底してトミーさんのハープを中心にしたアレンジにしました。

June

こだわりがスゴい!

Canon

また、アレンジの過程でコードを変更したい部分もいくつか出てきましたが、わざわざハープを録り直してもらう訳にもいかないので、変更したい部分だけハープの音を切って、代わりの音を足し、目立たないようにキレイにつなげる等の細かい作業をして完成させました。

June

気が遠くなりそうな作業!

Canon

大変だったけど、おかげで生のハープの音がコンピューターで作成したオケにしっかりと溶け込んで、まるでオケの中でハープのソリストが演奏しているように聴こえます。

June

どれどれ?早速聴いてみよう!

Canon

本当だ!ハープの生音がスゴく活かされてる!ところどころ切ったり音を足したり、編集してあるって事だけど、全然気がつかなかった!全く気にならないね。

Canon

敢えての・・・

アレンジの際には、テンポ、音色・楽器の編成、リズム、楽曲全体の雰囲気など、依頼者からの要望を詳しく聞き、確認し合いながら作業していきます。

June

大事大事。

Canon

でも、稀にですが、敢えて違うアプローチを提示してみる事もあります。

June

えっ?!

Canon

夢のはじまり

トミーさんは、ストリングス中心の、わりと静かめなアレンジを希望される事が多く、実際そのようなアレンジを施した曲が多いのですが、『夢のはじまり』という曲に関しては、歌詞やメロディから、現代的でポップなアレンジで、テンポもアップテンポにした方が絶対に良いと思ったので、要望からは少しズレているとわかっていながらも、敢えてポップでアップテンポなアレンジにしてみました。

June

そっ、そんな事しちゃっていいの?!

Canon

本当はダメなんだけどね😊もしどうしても気に入らないって言われたら全部やり直そうっていう覚悟でした。最初は驚いていたトミーさんも、ご家族から客観的な意見なども聞いて下さって、最終的にはとても気に入ってくださいました。

June

そんな事もあるんだねぇ。どんなアレンジになったのか、実際に聴いてみましょう!

Canon

確かにポップ!

Canon

 

こんな方にオススメです

❝アレンジ❞ ってどんな仕事かわかってもらえたかなぁ?

June

うん。思っていた以上にアレンジャーの仕事の幅って広いんだなって事がわかった!逆に言うと、本当に鼻歌程度でも、アレンジの力でちゃんとした曲になるんだ!って言うのが驚きでした!

Canon

そうそう。だから「自分には作詞作曲なんてムリ!」って諦めていた人にも、気軽に相談して欲しいなって思います。

June

きっと力になれるよね😊

Canon

例えばこんな方にオススメ!!

①大切な人にオリジナルの歌をプレゼントしたいが、楽器もできないし音楽の知識もないので、自分にはムリだと諦めている方。

大切な人へ伝えたい言葉があるならきっと詞は書く事ができます(要望があれば作詞もお手伝いします)。鼻歌で自由なメロディを歌った事があれば作曲もできるはずです。もし、詞をどうやってメロディに乗せたら良いのかがわからない!という方は、曲はハミングでも何でも良いので、詞と曲と別々で提出して頂いても構いません。あなたのすべき事は、詞を書き、鼻歌を録音する事、その2つだけです。

②昔からずっと頭に残って離れない自分だけのメロディがある。でも楽器も弾けないし楽譜も書けないので、それをカタチにする術がない。このメロディが日の目を見る事は一生ないんだろうなぁ・・・という方。

人は誰でも一生のうちに1曲だけはプロにも決して負けないような名曲を作る事ができるそうです。でもほとんどの人の場合、その名曲が日の目を見る事ってないのではないでしょうか。もしかしたら頭に残って離れないそのメロディ、実はスゴい名曲なのかもしれませんよ。鼻歌でも、ラララーでもルルルーでも、ハミングでも、何でも良いので今すぐ録音して下さい。ちゃんとした曲にまで責任を持って仕上げます。

是非、アレンジの相談、お気軽にしてみてくださいね。

June

もちろん全てお任せのオリジナル曲の制作も受付けてるんだよね?

Canon

うん。その他BGMの編集や効果音の制作など、音に関する相談は全てこちらへどうぞ!!

June

以上、 ❝アレンジ❞ についてでした。エッヘン!!

Canon

あっ!それボクが言いたかったやつ!!

June

今回紹介した楽曲の別のアレンジバージョンやボーカルが入っていないカラオケバージョン等が聴けます。

まとめ

OverTone 潤 はアレンジの依頼も絶賛受付中。

〇 鼻歌をスマホで録音しただけの音源でも、アレンジャーがちゃんとした曲にまで仕上げてくれる。

〇 イントロはアレンジャーからの最高のプレゼント。

〇 コンピューターを使ってアレンジするが、本物のオーケストラのようなかなりリアルな音も出せる。

〇 本物のオーケストラを使ってレコーディングしたら莫大な予算がかかるが、コンピューターを使っているのでその心配はない。

〇 様々な依頼に対応できるので、まずは相談。

〇 自分には作曲はムリだと諦めていた人にオススメ!!

是非1度お聴きください

クラウンパフォーマー としても活動中!

是非ご一読ください

小説書いてます

この記事を書いている人 - WRITER -
OverTone 潤
☆様々な音楽制作をしながらクラウン(道化師)としても活動しています。 ☆作詞・作曲・編曲など、音楽制作に関わるありとあらゆるお仕事をお待ちしています。是非一度ご相談ください。 ☆また、クラウンパフォーマーとしての出演依頼もお待ちしています。イベント・学校・幼稚園・保育園・結婚式・ショッピングセンター等、様々なシーンに対応可能ですので是非一度ご相談ください。 ☆ OverTone というコンビを組み、演奏しながらパレードできる、新しい楽器「走るピアノ」を使った世界初のパフォーマンスに挑戦しています。 ☆科学実験とクラウンパフォーマンスを融合させた「サイエンスパフォーマンスショー」も全国各地で行っています。 ☆お問い合わせお待ちしています!!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© June's blog , 2019 All Rights Reserved.